ご存知ですか?水銀灯は2020年に、、

2013年10月に結ばれた国際条約、「水銀に関する水俣条約」をご存知でしょうか?
環境負荷が高く、人体へ有害な水銀を管理する為、一定量以上の水銀を含む製品の取引等を国際的に規制する為の条約です。
高度成長期に熊本県水俣市で発生した、水俣病に端を発する未曾有の公害から、水俣条約と名前が付いています。

2020年からこの水俣条約により、水銀製品の製造/輸出入等が制限されます。
水銀灯もその影響により、製造出来なくなってしまいます。
現在、使用されている水銀灯は今後、他の光源・照明への置き換えが進んでいく事でしょう。

蛍光灯の一部も規制の対象

研究用の計測器や軍事的用途等の代替できない製品を除き、水銀を使った製品は2020年以降、製造も輸出入も禁止されます。
水銀を使った製品として、高圧水銀灯の他、電池、水銀体温計、蛍光灯、スイッチ等が挙げられます。
この中で注目したいのは、蛍光灯です。
家庭向きの蛍光灯においては水銀含有量の基準値をクリアしたもののみが、今後も生産されますが、基準値をクリアしていない蛍光灯については製造が禁止される見込みです。

照明のLED化が促進される

今後、世の中にある照明のLED化が一層進んでいく事と思われます。
UVランプのLED化やハイパワーLEDを使用した照明の設計をご検討される際は、是非とも当社・アロー産業にご相談ください。